ギャル女子大生よ、大志を抱け!

タイへの1週間の出張から帰ってきました。

私は、スエーデンに本社のある会社に勤めており、世界各国に支社があります。

今回は、アジアパシフィックのリーダーが各国から集まる会議でした。

中国、韓国、マレーシア、シンガポール、ハンガリー、イタリア、ブラジル、オールトラリア、インド、タイ、スエーデン、デンマーク、イギリス、メキシコ、ニュージーランド。

色々な文化のバックブランドを持った人達が集まりました。

 

ディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしたり、チームワーク形成のためのドッジボール、仮装パーティーと盛りだくさんの内容でした。大変、楽しく充実した出張でした。

 

私が、このような場に身をおける理由のひとつは、多少英語を話すから。

 

大学を卒業して、安定した大企業に就職したのに、「アメリカに修行に行く。」と、3年で会社を辞めてしまいした。当時付き合っていた商社に勤める、いわゆる「エリートサラリーマン」の彼とも別れて。

両親は、彼との結婚を強く望んでいましたが、私の意志を尊重して100%サポートしてくれました。

あの時の、両親の理解がなかったら、今のような面白い人生は送れていなかったと思います。

今更ながら、感謝です。

 

さて、我が家には、大学1年生の姪が下宿をしています。

ミニスカートをはいて、まつ毛のエクステンションをして、ネールをして、たて巻きカール。

おしゃれと、遊びのことしか考えていないような女子大生。

この子は、大丈夫かしらと思っていました。

 

しかし、彼女が、この春休みに、上海に留学している友人を訪ね、その後はボランティアとしてミャンマーに行くという。それも、自分のアルバイトで貯めたお金で。

おー君も、なかなかやるじゃないか!

何も考えていないようで、君も世界を見たいと思っていたんだね。

好奇心の塊で、世界が見たくて、大学生時代にバックパッカーのようなこともしていた私は、姪の姿に自分の若いころを見るようで、実はすごく嬉しい。

 

ギャル女子大生よ、大志を抱け!

君の将来は無限の可能性に満ちている。

いろいろなものを見て、沢山の人に出会い、沢山考えておいで。

世界は広いよ。

君の今の経験は、全てが将来の君の血となり肉となる。

自分の力で、人生を切り開けるタフな女になるんだよ。

 

おばちゃんも、陰ながら応援をしているよ。

海外でおなかこわしても大丈夫なように、正露丸を沢山買っておくから、もって行くんだよ。

 

篠崎 利恵