緑の季節に

新緑の頃を過ぎ、慈雨の季節がやってきました。
日に日にその濃さを増す木々の葉を見ていると、心が元気になってきますが、
同時に、昆虫も活発に動き始めました。
美しいくかわいい虫だけでなく、ちょっとやっかいな方々が部屋におわしまし、
ぎょっとしながら追い払うこと数回。
田舎育ちの私でも、都会の虫には困らされます。

そんな昆虫に夢中になった女性がいます。
16世紀後半、オランダに住む主婦兼画家のマリア・ジビーラ・メーリアンは、
植物と昆虫に魅せられ、たくさんの観察スケッチを残しました。
今年4月2日のGoogleロゴになったことで覚えていらっしゃる方もいるかもしません。
(実は誕生日が一緒なんです、嬉しい)

その緻密でカラフルな絵は、美術としての価値だけでなく科学絵としても
昆虫学に多大な貢献をしています。
当時は「虫は腐った泥の中から生まれてくる」と真剣に信じられていた時代。
芋虫が自分の好みの植物を食べ成長し、さなぎになり、実は蝶になっていた、
という過程を、地道な観察と絵で明らかにしてみせたのです。

結婚し、子育てをしながら絵の道で家計を助けたばかりでなく、離婚後、
40歳を越えてから子どもとともに南米スリナムに移住し、その地でも珍しい
植物と昆虫の絵を描きまくりました。
さらに、子育て後の52歳になってから再びスリナムに移住し、マラリアに

倒れるまでの2年間、熱心に研究と絵を続けたのでした。

イラストをまとめた本も3冊出版しています。

晩年はオランダで貧困のうちに生涯を閉じたとのことですが、彼女の革新的な
手法と業績は、現代の私たちの目をも瞠らせ続けています。

6月1日、埼玉県の女性起業家向けシェアオフィス「COCOオフィス」が
オープンしました。
自分の足元を観察し、仕事に結びつけるのは女性の得意とするところ。
クールな頭とホットな情熱、確かな技術をもって仕事にチャレンジする、

それはどんな環境下でも何歳からでも遅くはありません。

 

大きく美しい蝶のように、何人もの女性起業家がこの場所からふわりと飛び立つ。

そんな姿がすぐに見られる予感です。

 

(池田史子)