知らない方が楽しめた映画「カサブランカ」の話

 

映画「カサブランカ」(1942年)を知っていますか。ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマン主演の。

 

この不滅のラブロマンス映画を少し紹介すると。

第二次大戦中の1941年、親ドイツのヴィシー政権の統治下にあったフランス領モロッコの都市カサブランカ。この地のヨーロッパ人の群れは、ドイツの侵略による戦災を逃れ、リスボン経由でアメリカに亡命しようとする人々だった。

アメリカ人のリック(ハンフリー・ボガート)はカサブランカの酒場「カフェ・アメリカン」の経営者。かつてパリで知り合い、パリが陥落した日に突然去った恋人イルザ・ラント(イングイッド・バーグマン)と、彼の店で偶然再会する。二人の思い出の曲「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」が流れる中で・・・

 

 街で「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」をふと耳にし、棚の奥から引っ張り出した名画と再会しました。飛ばして観る悪い癖を止めて丁寧に、丁寧に。

 

~イルザは実はリックと出会ったパリ時代から夫がいました。その夫はドイツ抵抗運動の指導者ヴィクトル・ラズロ。彼はナチに追われてアメリカに亡命しようとしています。でもカサブランカからの脱出に必要な特殊な通行証がない。それは偶然の成り行きからリックが持っていた・・・。イルザはリックにラズロを助けてと嘆願しますが、はねつけるリック。

でもイルザの心はかつてのままリックにある、彼を愛していると知ります(ラズロへの愛は尊敬と献身の愛(形而上?)で、男女の愛とは違う。これ、ありますよね)。一方リックもラズロの理念と人間性に触れ、何か心に決めるものが。

 

リックは夜霧のカサブランカ空港から二人を脱出させます。ラズロを裏切ることはイルザの生涯の後悔になると言って。

リックはかつてエチオピアやスペインでレジスタンス運動をした人物で、ナチからもマークされる存在でした。実は最後に反ナチの警察署長ルノ―の心情も見えて、切なくも味わい深いエンドとなります。

 

ボガートの仕立ての良いスーツ姿のかっこよさ。バーグマンのノーブルな美しさ。

再開した二人の目の陰影・・・大人の表情の深みにうっとりでした(笑)

 

 ところが、サイトで映画評を見ていたら、アメリカのエンターテインメント業界誌「バラエティ」が、当時この映画を「見事な反枢軸国プロパガンダである」と評した、とありました。少し調べると、どうもその側面が濃厚です。

 

2次世界大戦にアメリカが参戦した1942年に製作が開始され、公開された「カサブランカ」は、「反独」に一役買う映画でもありました。

店内でドイツの愛国歌を歌うドイツ軍士官たちに対し、ラズロが毅然と「ラ・マルセイエーズ」を演奏させ、店内の全ての客が歌うシーンなどは観る度に感動ものでしたが、意図あってこうしたシーンを紡いでいたとなると少々興を削がれます。

ふ~ん。

製作年の1942年は、アメリカで映画産業が戦時体制の重要な柱の一つとされた年だそうです。政府機関である戦時情報局(OWI))は、当時リベラル派が多かったとはいえ、国策には逆らえなかった姿が他の映画や書籍でも散見されます(映画「追憶」で左翼の闘士だったバーバラ・ストライザンドが勤務したのも戦時情報局でしたね)。

 

でもま、いいか。映画自体はまことに見事にでき上っていました。複雑な苦みは忘れ「またうっとり観る」ことに努力しよう。(甘い映画好き 油井文江)