コーヒーを飲みながら

昨日は、さいたま市で行われている女性創業スタートアップ塾(創業塾)で講師をしてきました。

これから創業したい、創業すぐの女性たちが集まり、全5回の講義で事業計画書を作っていくものです。

 

今朝は、コーヒーを飲み一息つきながら、昨日一日のまとめをしているところです。

 

私はコーヒーが大好きで、高校生の頃から自分でドリップコーヒーを入れて飲んでいました。

豆はいろいろ試した上で、スマトラ・マンデリンをベースに、今のお気に入りは、ハワイ・コナ。

合わせて道具も試しました。

ドリッパーは、一つ穴のメリタや三つ穴のカリタ。ペーパーフィルターに布(ネル、麻)などです。

布フィルターは後始末が大変で、やっぱりペーパーかなぁ、と実感しています。

 

およそ100年前のドイツでも同じことを考えた女性がいました。

 

メリタ・ベンツは、夫のために毎朝コーヒーを入れていましたが、当時の入れ方は、布や網を使ったもの。

美味しく入れるのは難しく、コーヒー殻の始末も手間がかかりました。

 

あるとき、息子のノートの切れ端を見てひらめきました。

そうだ、コーヒーのドリップに応用できないか?

 

こうして底に穴の開いた真鍮製の器に紙をひき、コーヒー豆を入れて濾過するペーパードリップシステムが

考案されました。

 

メリタは、このアイデアを元に会社を設立、さらに息子のホルストが、逆三角錐の容器に溝を彫り、

一つ穴を開けたメリタ式ペーパーフィルタードリッパーを考案して、現在も続く大企業の礎となったのでした。

 

始まりは一女性のジャストアイデアが、こうしてひとつのビジネスとなり、今日の私たちの生活を豊かに、

便利にしてくれたことを知ると、スタートアップ塾でも同じことが起きるのでは、と期待が膨らんでいきます。

 

今あなたの考えていることを、ただのつまらない思い付きだからと捨ててしまわないでください。

ダメ元でいいじゃありませんか。アイデアを転がし、人に話し、夢を語ってください。

すべての始まりはそこからです。

未来のいつかに、あなたの顔が会社のロゴマークになるかもしれませんよ。

 

(池田史子)